伊藤忠都市開発 マンション建設地仮囲いで地域防災呼びかけ|R.E.port
2019年4月19日 09時13分
no image
 伊藤忠都市開発(株)は17日、地域防災の啓発活動として、新築分譲マンション「クレヴィア文京湯島」(東京都文京区、総戸数104戸)の仮囲いに、地域における防災活動の取り組みや災害時の注意事項等を掲出した。  同物件は、東京メトロ千代田線「湯島」駅徒歩1分に立地。周辺は、2015年に内閣府の地区防災計画のモデル地区に選ばれたこともある住民主導の防災対策活動が活発な地域で、同社はその姿勢に賛同。同物件の開発にあたり地域の防災意識の向上と同物件居住者の防災対策につながる貢献活動を検討したところ、地域住民から「これまでの防災実績や経緯、目指す方針等を周知してもらいたい」という声が挙がったことから、今回の取り組みに至った。  同物件は、敷地面積は1,051平方メートル、鉄筋コンクリート造地上14階地下1階建て、延床面積8,249平方メートル。専有面積は28.29~75.26平方メートル。間取りは1R、1LDK~3LDK。竣工は10月下旬、入居開始は11月下旬の予定。 https://www.re-port.net/article/news/0000058833