C21ジャパン19年3月期 増収減益|R.E.port
2019年5月7日 09時27分
no image
 (株)センチュリー21・ジャパンは25日、2019年3月期決算(非連結)を発表した。  当期(18年4月1日~19年3月31日)は、営業収益41億5,100万円(前期比1.8%増)、営業利益12億700万円(同0.1%増)、経常利益12億7,800万円(同0.2%増)、当期純利益8億1,500万円(同9.9%減)の増収減益。  サービスフィー収入31億3,500万円(同0.1%減)、ITサービス収入7億9,900万円(同12.1%増)、加盟金収入1億6,300万円(同4.4%減)。販売費および一般管理費は、広告宣伝費が減少したものの、人件費および業務委託費等が増加し、全体としては15億6,400万円(同0.9%増)となった。  期末加盟店数は、首都圏が455(同0.7%減)、全国では935(同1.5%増)。  次期は、営業収益42億7,800万円、営業利益11億4,000億円、経常利益12億5,000万円、当期純利益8億5,000万円を見込む。 https://www.re-port.net/article/news/0000058912