ランドネット 最短1日で不動産の売買契約・現金振込まで完了する iBuyer 2.0『LANDNET One』の開発を開始
2019年5月8日 13時30分
no image
株式会社ランドネット(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:榮 章博)は、申し込みから最短1日で不動産の売買契約・現金振込まで完了するiBuyer 2.0『LANDNET One』を、2019年7月リリースを目途に開発開始いたしました。 【iBuyerとは】 米国不動産テック(テクノロジーで不動産取引を革新する取り組み)で最も活発な分野の一つで、ITを活用した自社買取のビジネスモデルです。通常、数カ月かかる不動産の売却のプロセスを、数日に短縮することを実現しています。 【『LANDNET One』とは】 最短1日(24時間)で不動産の売買契約、現金(手付金)振り込みまでを完了するサービスです。1日での買取については、取り扱う物件、数量、条件を限定させていただき、1Dayコースとして提供いたします。対象となる物件は、サービス開始後、順次拡大します。 【なぜランドネットなのか】 当社は、iBuyer事業に必要とされる価格推定力、買取力、販売力の3点に強みがあり、昨年度(2018年7月期)実績で2,000件以上の自社買取と販売を行っています。 【『LANDNET One』が実現する世界】 不動産の売却では、問い合わせや内覧への対応など、数ヵ月間、ただ疲れるだけの経験をされる方がいらっしゃいます。当たり前のように一日で売却できる選択肢は、売却の体験を改善するのはもちろん、購入、賃貸を含めたライフプランそのものも革新できると考えています。 <図:LANDNET One画面イメージ> https://www.atpress.ne.jp/releases/183220/img_183220_2.png https://www.atpress.ne.jp/releases/183220/img_183220_3.png <図:LANDNET One なぜランドネットなのか> https://www.atpress.ne.jp/releases/183220/img_183220_4.png https://www.atpress.ne.jp/news/183220