大阪府住宅供給公社 子育て支援と健康寿命を延ばす 『まちの保健室』を千里ニュータウン 佐竹台(吹田市)で開催!
2019年5月8日 15時00分
no image
大阪府内で賃貸住宅の提供などの事業を行う大阪府住宅供給公社(本社:大阪市中央区、理事長:堤 勇二、以下、公社)は、OPH千里佐竹台(吹田市)に公益社団法人 大阪府看護協会(本部:大阪市城東区、会長:高橋 弘枝、以下、看護協会)を誘致し、同協会と団地自治会の協働により『まちの保健室 in 千里佐竹台』を5月15日(水)に開催します。 公社は、国連目標であり、2025年大阪・関西万博が達成目標に掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現を目指しています。とりわけ、SDGs11番目「住み続けられるまちづくりを」および17番目「パートナーシップで目標を達成しよう」の実現に向けて事業展開を行っており、関係機関と連携して様々な取組みを進めています。 これまで看護協会が大阪府内各地で実施している『まちの保健室』は、公社が管理・運営する商業施設「フレスポしんかな」(堺市北区)において、定期的に開催されてきました。今回は、以前から団地集会所を拠点に「いきいき百歳体操」や「喫茶サロン」を実施するなど自治会活動が盛んなOPH千里佐竹台Ⅱに『まちの保健室』を誘致し、千里ニュータウンエリアで団地自治会との協働による『まちの保健室』が実現しました。 本イベントでは、助産師による子育て相談や、看護専門職による健康相談などを実施します。公社賃貸住宅にお住まいの方をはじめ、地域にお住まいの皆様の子育て支援や高齢者の健康寿命を延ばすことを目的にしています。 これからも公社は、団地自治会からの要望を踏まえながら、地域にお住まいの皆様の「笑顔のくらし」のために、他地域への『まちの保健室』の展開も検討していきたいと考えています。 ■『まちの保健室 in 千里佐竹台』概要 開催日時   : 毎月第3水曜日13:00~15:00          (13:30~14:00は団地自治会主催「いきいき百歳体操」を同時開催)          ※次回開催日は 2019年5月15日(水) 場所     : OPH千里佐竹台 大集会所(大阪府吹田市佐竹台1丁目5番) アクセス   : 阪急千里線「南千里」駅から徒歩約4分          北大阪急行電鉄「桃山台」駅から徒歩約17分 内容     : ① 大阪府済生会千里病院の助産師による子育て相談等          (乳幼児の身長体重測定、妊娠・出産・子育て相談)          ② 看護専門職による健康相談、介護相談          ③ 血圧測定、体脂肪測定、握力測定 WEBサイト  : http://www.osaka-kangokyokai.or.jp/CMS/00026.html          (公益社団法人 大阪府看護協会のWEBサイト) ◆大阪府住宅供給公社概要 商号       : 大阪府住宅供給公社 代表者     : 理事長 堤 勇二 所在地     : 大阪市中央区今橋2丁目3番21号 設立       : 1965年11月 事業内容   : 賃貸住宅の管理事業、宅地管理事業、府営住宅の指定管理業務等 基本金     : 3,100万円(全額大阪府出資) 公式WEBサイト : https://www.osaka-kousha.or.jp https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000083.000019188.html