【不動産ニュース】ピーヴィー 空室対策に一手!賃貸向け『バーチャルステージングルーム』サービスを開始
2019年6月17日 14時00分
no image
賃貸向け『バーチャルステージングルーム』サービスを開始いたします。 不動産業界向けCG制作サービスを展開しているピーヴィー株式会社(本社:東京都中野区 代表取締役:糠塚加州雄)は、賃貸物件向けにバーチャルホームステージングの導入を推進していきます。   『バーチャルステージングルーム』で競合物件との差別化を図る 『バーチャルステージングルーム』とは、リビングなどのお部屋をCGでフル再現、または360°カメラで撮影した室内写真にCGで家具や小物を配置するサービスです。バーチャルステージングを施すことにより、室内をモデルルームのように魅力的に演出できます。現在、大手不動産会社も売買物件を中心に導入を開始し、大変ご好評いただいております。今後は、賃貸物件を対象とした『バーチャルステージングルーム』サービスの提供を積極的に行っていきます。 ≪バーチャルステージングルームの利点≫ 照明の陰影、マテリアルの質感、こだわりのハイクオリティなCG制作でお部屋をよりよい印象に お洒落なインテリアコーディネートを施すことでお客様に「暮らしのイメージ」を提供 リノベーション・居住中物件でも、バーチャルステージングすることで画像掲載が可能 リアルホームステージングと比較するとリーズナブルな価格 5営業日内の納品でスピーディーなお部屋画像掲載が可能 サービスサンプル バーチャルステージングルーム https://dist.repmp.com/c/jp/nmr/0/inner.html?pid=Gu4dUeMIMzxecNGE バーチャルフォトステージングルーム https://dist.repmp.com/c/jp/nmr/0/inner.html?pid=MsDyamxDT0wjuCVR 『バーチャルステージング』で空き家対策 人口の減少に伴い今後ますます増えると言われている空家問題。「土地・住宅に関する消費者ウェブアンケート調査結果(全国宅地建物取引業協会連合会)」によると、約8割以上のの空家保有者が、空き家を「売却したい」、「貸し出したい」と考えているという状況にあります。「バーチャルステージング」サービスを進めていくことで、空家対策に一石を投じ、不動産における流通活性化に繋げていきます。 会社概要 会社名:ピーヴィー株式会社 代表者:代表取締役 糠塚加州雄 事業内容:不動産業界向け販売促進ツール開発、不動産業界向けCG制作・CG動画制作 VR研究開発、アプリケーション開発、動画配信事業 所在地:東京都中野区中野 5-22-31 URL:http://vrvs.peevee.jp https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000045798.html