【不動産ニュース】三井不、米国の賃貸住宅事業を拡大|R.E.port
2019年6月18日 09時38分
no image
 三井不動産(株)は17日、米国の子会社・三井不動産アメリカを通じ、米国コロラド州デンバー市で「(仮称)デナルゴマーケットIII」(総戸数337戸)、マサチューセッツ州ボストン圏域のサマービル市で「(仮称)290レボリューションドライブ」(総戸数329戸)の賃貸住宅事業へ参画したと発表した。同社が両地区で開発を行なうのは初めて。  「(仮称)デナルゴマーケットIII」は、バス停「Brighton Blvd & 29th St」徒歩3分。延床面積約3万400平方メートル、軽量鉄骨造地上8階建て。  メインターゲットを、中心市街地に勤務する単身の若年層、共働き世帯とし、コンパクトな住戸プランを提供する。また、1階部分には生活利便性の高い店舗を誘致するほか、屋上コートヤードやフィットネスジムなども設置する計画。2019年5月に着工し、竣工は21年を予定。  「(仮称)290レボリューションドライブ」は、地下鉄オレンジライン「アセンブリー」駅徒歩4分に位置。敷地面積約6,700平方メートル、延床面積約3万9,500平方メートル、木造(一部鉄筋コンクリート造)地上8階建て。  メインターゲットを、金融・学術・医療関係に等に勤務する若年単身者および小世帯に設定。付帯設備として、ルーフデッキやフィットネスズムを設ける。着工は19年、竣工は21年を予定。  なお現時点で同社は、同2物件を含め、米国全土で計15物件(計約4,900戸)の賃貸住宅事業を推進している。 https://www.re-port.net/article/news/0000059339