【不動産ニュース】観光庁 民泊宿泊者数、18年度累計は約99万人|R.E.port
2019年6月19日 09時28分
no image
 観光庁はこのほど、「住宅宿泊事業法の施行状況」について公表した。  6月7日時点での住宅宿泊事業の届出件数は1万7,301件で、2018年6月15日時点の2,210件と比べると約7.8倍に増加。うち事業廃止済み件数は982件で、7日時点での届出住宅数は1万6,319件となった。  2月1日から3月31日の2ヵ月間に、住宅宿泊事業者から報告された内容について集計・とりまとめを行なったところ、全国における宿泊日数の合計は24万3,402日(18年12月~19年1月分と比べて9.5%増)。届け出住宅当たりでは19.4日となった。  都道府県別では東京都の10万6,850日、大阪府の3万5,146日、北海道の3万4,949日の順に。  宿泊者数の全国合計は28万2,250人(同13.9%増)で、届出住宅当たりでは22.5人に。18年度(施行日以降)の累計は98万9,235人に達した。  宿泊者の国籍を見ると、日本国内に住所を有する人が7万4,271人(26.3%)、海外からが20万7,979人(73.7%)。海外からの宿泊者数を国籍別で見ると、1位中国、2位韓国、3位アメリカ、4位台湾、5位香港の順。上位5ヵ国・地域で外国人宿泊者数の64.7%を占めた。 https://www.re-port.net/article/news/0000059347